関連する話題
黒百合女学院 恋の時間(小愛的故事) 確定清書版

とあるバレンタインとひな祭り物語

No.1 20/01/13 01:20
青木あかね ( 38 ♀ sq6JBe )
あ+あ-

自販機前で缶コーヒーとタバコを口にしながら、腕を回したり膝を曲げたり、朝のお目覚めのいつもの日課をする真鍋。

実は塾の先生って顔以外に、空手と八極拳の先生と言う顔も持つ真鍋は、自販機前で軽く形の練習するのは毎朝だ。それはその準備運動だ。

「真鍋くんお早う」

「お受験シーズンだもんね、塾の先生も大変ね」

ゴミ出しに来た隣のトトロではなく、ちょっと年上の結婚したての隣のふくよかな新米主婦さん、流派は違うものの真鍋の空手の仲良しと、ちょっとした世間話になる真鍋

と、三階の窓が開き

「まさみ~アレどこ置いた?」

主婦の愛しの旦那さんの声が窓から顔を出す。

「真鍋くん、それじゃまた」

「ええ、またスポーツセンターで」



タバコを消し携帯灰皿に入れ、階段を上り

「寒っ!。冷えた~!。寒っ!」

独り言を言いながら部屋に戻る真鍋。

『あおいのことをいつまで悩んでも仕方ない。どうせアイツは気まぐれだ、あのことはもう忘れてるさ。今日こそ俺は仕事に戻るぞ!塾行くぞ!』

そう思いながらドアを開ける。



すると

すると、そこには

すると、そこには、いるはずのない少女が・・・・



すると、そこには、いるはずのない少女が床に横たわっている・・・・・

最初
1レス目(7レス中)
このスレに返信する

関連する話題

新しくスレを作成する