関連する話題
黒百合女学院 恋の時間(小愛的故事) 確定清書版

とあるバレンタインとひな祭り物語

No.5 20/01/21 20:20
青木あかね ( 38 ♀ sq6JBe )
あ+あ-

≫4

キスをして欲しそうに、唇を突き出してるあおい。大好きな瞬お兄ちゃん、つまり真鍋の

「蘇生措置だ。人工呼吸と心臓マッサージそれに止血だ」

の言葉に、ついつい

『夢にまで見た、大好きな大好きな瞬お兄ちゃんとの、憧れのファーストキスのチャンス到来!』

と、ついつい反応してしまったのだけれど、抱き抱えた状態から床にあおいを寝かせようとしている途中で、まだ気付かぬ真鍋。

が、しかし

『ん?。さっきまでダラーンとしていたはずの、あおいの両腕が何で胸元で祈るかのように手を組んでるんだ?』

あおいの顔を見る真鍋。

目が合ってしまい、慌てて目を閉じるあおい。



「お前ってヤツは!紛らわしいイタズラしやがって💢」

怒りのままにそう叫ぶと、抱き抱えた状態から床に寝かせる途中の、あおいの頭を床に落とす真鍋。

「イッ、痛~い!。何よ!何も床に頭落としてぶつけることナイでしょ!。酷ぉい!。女の子はもっと優しく扱わなきゃダメでしょ!。」

「オマエがつまらんイタズラするからだろが!💢」

「それでもさぁ、ふつう「血ぃ流したら死ぬぞ~」とか言いながら、血塗れで倒れている女の子の顔を足でツンツンするか?。ふつう慌てて手当てするか、ビビって腰抜かすでしょ。それにぃ」

「それにぃ、女の子襲えるチャンス作ってあげたのに、キスもしてくれないなんて、お兄ちゃんの意気地無しの優柔不断のバカ真面目!」

「あの状態の女なんか襲えるわけねえだろがっ!💢それに俺は変質者じゃねえ!」




言い合いしながらも、どっきりイタズラにケチャップで作った血溜まりを、ちゃんと拭き掃除するあおい。そんなあおいの後ろ姿に


『あおいに今日こそは謝るぞ』

『いや、気まぐれなあおいは覚えてるか怪しい』

『いやいや、謝らなきゃいけない』

そう思い、意を決して

「なあ、あおい、バレンタインのときはゴメンな」

あおいにちゃんと謝ろうと、口を開こうとあおいを見やれば、一難去ってまた一難で、あおいは着ていた服を脱ぎ捨て、全裸状態だ。

「お前には恥じらいが無いのか!」

5レス目(7レス中)
このスレに返信する

関連する話題

新しくスレを作成する